【小澤梨恵のヒストリー】

略歴

小澤 梨恵
12月14日生まれ。名古屋出身。正直不動産代表。
宅建講師

高校生の時、学年ビリから1ヶ月で1位になった経験から不可能から可能へをモットーにさまざまな問題を解決。

【学生時代】

大学でも門限は5時、お酒を扱うところで働くのは絶対ダメとコンビニで働くことすら許さないような厳しい母と仏様のように優しい父との間に生まれました。

姉は家にこもって漫画を読んだり絵を描いたりする、いわゆるオタク

それとは反対に、学校が終わるや否やランドセルを放り投げ男の子たちと一緒に虫やカメや魚を捕まえに遊びに行くようなわんぱく娘。

携帯を持たされたが、持っていると母から電話かかってくるので携帯せずに遊びに行くような性格でした。

そんなこんなで小中学校は自由奔放にしていましたが

高校生時代は学年ビリ600人中600位のビリ。
義務教育が外れたので退学の危機。

またま同じクラスに成績でも学年トップ、野球でも特待生で入学してきた子が斜め前にいました。

『なぜ同じ年でこんなに差があるんだ??』と疑問に思い

1週間勉強もせずじっとその子を観察しつづけました。
その結果気づく。

『能力に差はない』

生きてきた環境やってきた量

は違うけれど、

手が2本
足が2本
目が2つ
耳が2つ
鼻がひとつ

うん。おなじだ。
これなら
努力で埋められると。

5倍のスピードで追いかければいつか追いつくと。

がむしゃらにやった結果1か月で学年トップに。

不可能ではなくやればできるということを学ぶ。

思いついたことは
頭よりも先に足が動くという単純な性格のおかげでした。

【東京へ】

大学時代、社交ダンス部で同期だった友人が自殺。
彼女が亡くなったその時刻に家の時計が止まりました。
『何か伝えようとしているに違いない』とお世話になっている霊能力者のもとへ。

『私はもう踊れないから、梨恵ちゃん。私の分までダンス頑張って!って言ってる』と言うメッセージを受け取ります。

ちょうど、
東京へ行くか迷っているところでした。

ダンス本格的にやるには東京がいいんだろうけど東京は人が冷たそうだし日本で一番行きたくない場所だったからです。

しかしその友人のメッセージをきっかけに東京へ上京を決意しました。

【不動産業との出会い】

社交ダンスはお金がかかるので練習時間も確保しつつレッスン代も稼ぐ必要がありました。
『完全歩合制(フルコミッション)』だ!と思いつきます。

パソコンで『歩合』『仕事』と検索すると【不動産】がでてきました。

これが
不動産屋さんとしての始まりです。

朝5時から朝練、
名古屋から出てきて、物件の相場も駅名もわからないからその後、誰よりも早く出勤しみんなが来るまでは、ひたすら駅名や相場を覚える。
仕事が終わったら、夜は練習。
と繰り返し。

昔からやればやっただけ成果の出ることが好きでした。
安定とは無縁。

数字は顕著です。
やればやっただけ目に見える。

そこで営業成績一位をとることは、そこまで難しいことではありませんでした。

今となっては、だいぶ表に出てきた
『おとり広告』。

紹介できない物件を
客寄せパンダのようにしてお店にお客様を呼ぶ。
そして、自分達の報酬の多い物件に振り替える。

それが会社の方針でした。

お客様に、『嘘』をつかなければならない。
それでもって「ありがとう」と言われた時の心の痛さは耐えられませんでした。

不動産のお仕事は好きだけどお客様に嘘をつきたくない。
真っ当なやり方で接したい。

だったら
会社の方針を自分で決めてしまおう!
と独立したのがこの会社です。

【自社の強み】

不可能を可能に
は私が掲げているキャッチフレーズです。

誰でもできることをは、できて当たり前。

他の人が『絶対無理』というようなことをやり遂げる事こそ、やりがいを感じます。

たくさんエピソードがあり、全てお話ししたいのですがその中から一つピックアップして『ある女性の話』をお話します。

【仕事の面接に14回落ちた女性の話】

賃貸の物件のお問い合わせで40代くらいの女性がご来店されました。
その方は、なんだか暗く元気がありませんでした。

『どうされましたか?』お話を聞いてみると

『旦那と離婚し、部屋を借りたいんだけど仕事の面接になかなか受からなくて部屋が借りられない。他の不動産屋も20件以上まわったが仕事決まってからきてくれと相手にもしてくれない。』

との事。

どんな難しい案件も決めてきた。
今回も必ず解決してみせる!

と心に火がつきました。

解決法はシンプル。

①原因をさがす。
②その原因を潰す。

これだけ。

面接に落ちるには必ず理由があると思い、彼女に聞きます。

小澤『面接官からなんか言われた事は?』

女性『よく、ニオイが、、、と言われます。』

彼女は
髪はボサボサ、タバコのニオイ、服はヨレヨレでした。

その日も夕方から面接だというので

『とにかく私の言うことを聞いてください!今すぐ、でかけましょう!』と彼女をつれて服を買いに。

10歳以上も、年上の彼女に対して小娘が偉そうだったなと今では反省しています笑

しかしその時は
彼女をなんとかしなくては!しか考えておらずそれどころではありませんでした。

そして彼女の髪にストレートアイロンをかけ、ヘアコロンをかけます。
お化粧もし、面接の練習もしました。

そしていよいよ、面接の時間です。

小澤『リラックスして行ってきてください!絶対大丈夫だから。』と彼女を、送り出しソワソワしながら結果の連絡を待ちました。

プルルル

彼女から電話です。

女性『小澤さん!うまくいきました!あとは、連絡待ちです。』

小澤『よかったですね!あとは結果を待ちましょう!』

数日後、彼女は明るい表情で会いに来ました。

『小澤さん!やった!受かりました!』と、泣きながら報告。

わたしも思わず、涙。。

その後、部屋もすんなり決まり今ではその職場で頑張っているようです。

人は
『必ず解決したい』『必ず手に入れたい』
『必ず達成したい』
という『想い』が強ければ必ず叶います。

あなたが、叶えたいものへの『想い』は本物ですか?
それが本物であるならば必ず叶います。

そんな、やりたい事、夢を叶えるお手伝いができれば嬉しいです。

ピンチはチャンス!!

まだまだ話したいお話はたくさんありますがぜひ直接お会いしてお話しさせてください。

正直不動産 代表
小澤梨恵